一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

“想い”は自分の中にあって、それを行動で表現することはあっても、
言葉で語るなんてうすっぺらいことだと思ってた。

ただ、みんなで何かをしたり、大きなものを動かすときは
その“想い”を共有することが必要になる。

“想い”を聞かれると本当に困った。困った。
それをやりたいと思った経緯なら説明できるけど。

だけど、その“想い”をふっと自分で語れたとき、
やりたいが間違いでないことを確認する。

「語る」って大切なんだね。

私にそう思わせてくれるきっかけになったのは、この映画“ふるさとがえり
上映会終了後の交流会で監督から何度も「語る」という言葉が出てきた。

「ものがたりを語れたとき、その想いが伝わる」

映画の影響力の大きさも、あらためて知りました。

監督とエクマットラのヒロキングがつながっていたことは、なんだか納得の事実。
二人の想いの強さは似ている。

最近、仕事で取材をさせてもらう前は、
記事にすることで何を伝えたいか、私の想いを少しだけ語らせてもらっています。

伝えるという仕事が、前よりさらに好きになりました。

私に足りなかったもの。

何がきっかけで気がついたんだっけ。

高浜に帰ってきてからの、
たくさんの出会いと経験の中で、
赤ちゃんが練習するように、
つかんだり、手をはなしたり。

今まで全部抱きかかえていたんだね。

固定観念という枠のはずし方も学びました。

ただ、まだ自分の中の自分が戦っていて、
久しぶりにジンマシンが出ています。

バングラでも半年目から一年目までの半年間、毎晩出続けたジンマシン。

環境が変わった直後ではなく、慣れてきて次へのステップへ進むときに出てくるー。

日本の乾燥のせいか、年のせいか、ジンマシンの熱で肌がかっさかさ。
バングラの湿度が懐かしい。

ラブです

高浜町の青葉山の麓で“農ある暮らし”を守り広め伝えていく 、
青の里地球まるごと会議の研修生として、
福井市から高浜町に移住してきてくれたしほちゃん。

「好き!」「カッコいい!」「やりたい!」「関わりたい!」のポイントも似ていて
一緒にやることもあれば、別々なことをして学んだことを共有したり。

7つも下で妹のようだけど、
「それはまいちゃんが悪いよね」と“私は悪くない”と思っていた根底を覆してくれたり、
「何で誰にも言わずに黙っておれたん」と聞いてくれる
しほちゃんにだけ話す悩みごとがあったり。

あーしほちゃんが高浜に来てくれてよかったと毎日思う。

そして、しほちゃんに関わる人(私も含め)が変化して、
町が少しずつ元気になっていく気がする。

ストレスに敏感で正直なしほちゃん。
会議でネガティブな話になっても、みんなを前向きな方向に導いてくれるしほちゃん。

もう一回言うけど、ラブです

しほちゃんのブログはこちら↓↓↓
たかはまのしっぽ 〜高浜移住日記〜

約束してるわけではないけど、毎朝6時50分の待ち合わせ。

ひでお、83歳、祖父。
10年前、くも膜下出血で倒れるも良き医師に出会い軌跡の復活。

かかせない朝のお散歩タイムに、なんと孫がマラソンの練習を始めました。

ついつい自分に甘く休んでしまった次の日、
「一度やると決めたことは続けなあかん。」

それ以来、マラソンの練習とおじいちゃんに会うことは
毎朝の日課となりました。

毎朝会ってるのに、3年ぶりの再会かというくらいオーバーリアクションで喜ぶおじじ。
「ビーナッツとチョコレートの相性はとってもいいんだよ」と毎日チョコレートを2粒くれる。

こういうのされるとさぼれないのよねー。

テンションが上がる瞬間!

高浜町の和田地区で9月18、19日に行われる
和田de路地祭で走らせるリキシャの到着。

丹波篠山を拠点に活動される「P.U.S. バングラの村をよくする会」の岩下さんご夫婦にリキシャをお借りしました。イベント当日は岩下さんにバングラカレー&ポロタと雑貨も持ってきていただきます!

和田de路地祭は夏の海水浴客のために使われる民宿を利用して行われます。

台風の直前をねらって運ばれたリキシャ。
リキシャを運搬
さすが、何ナニ?とジロジロ見られる。
バングラデシュでは外人はジロジロ見られるけど、
日本でのリキシャもジロジロ見られる存在です。目立つ!!!

「良い気を運んできたね。良い気には良い気が集まるよ。」と言ってもらえてうれしい。

当日お客さんを運ぶリキシャワラ(運転手)募集中です!
リキシャ到着


やるべきことを期限のギリギリにやる癖はいつ治るんだろう。
ギリギリにでる集中力をもっと早めに出したいです。

さて、ひさびさの日記となりました。

公務員として働いて1年。
仕事とボランティアの境がなくなり、日記にはどこまで書けばよい?という疑問からすっかりごぶさたに。

バングラデシュに関係する活動のあれこれ。

まずは、カレー作り
おいしいバングラカレーをただ極めたいのだけど、その域までの到達は遠く、
誰も食べたことないからなんちゃってバングラカレーを作っています。
地元産の鯖カレーはなかなか人気ですぞ。


6月4日(土) 日替わりシェフバイキングでチキンカレーを出します(若狭高浜駅内)


そして、出前講座
母校や町内の学校を中心に、福井県や市の国際交流協会を通して依頼される出前講座でバングラデシュの紹介をしています。

バングラデシュ文化紹介講座(福井市国際交流協会主催)
7月10日(日) 1:30〜 福井県国際交流会館 第2会議室(福井市)



最後に、暮らしに手作りを
バングラデシュでメラメラと燃えていた手作り欲。
帰国したらのんびり田舎で手作り生活をと地元へ帰ってきたものの、
新しいお仕事はやっぱり忙しく、お母ちゃんに甘えてご飯さえまったく作らず。
今年はろうけつ染めと洋裁を習い始めたので1つずつ増やしていきたいです。
それよりなにより部屋が汚い。

とっても久しぶりの日記になりました。

地元高浜での10年ぶりの生活は、
すんなりと戻れる日常でした。

毎日が新鮮だったバングラデシュとは違い、
寝て起きて食べて働いて笑って、おだやかに暮らしています。

でもやっぱり、やりたいことはやらなくちゃ。

バングラデシュのこども∞つながるいのち展2010として、
去年のエクマットラ制作映画「アリ地獄のような街」上映会をきっかけに広がった縁で、
2つのバングラデシュ支援団体に高浜の秋のイベントに出展していただきます。

田舎の風景と共に、バングラデシュを楽しんでもらえたらうれしいです。


バングラデシュのこども∞つながるいのち展2010
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆
9月18,19日10:00〜16:00  in  和田de路地祭(福井県高浜町和田地区)
http://blog.livedoor.jp/wadaroji/
 
<出展内容>
バングラカレー・ミルクティー
雑貨・民族衣装販売、サリー着付け体験
刺繍教室
 
<出展団体>
教育支援ボランティアグループ
P.U.S バングラの村を良くする会(篠山市)
http://tanba.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=3137
 
1988年以来、アジア最貧国のバングラデシュで、
貧困の連鎖を断ち切るためには教育が一番大切と考え教育支援活動を行う。
現在は里親制度やスタディーツアーも実施。心ぽかぽか、ご夫婦で活動。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

9月25日11:00〜17:00
 
in  シーズアースディ高浜2010
森と海のおむすびマーケット
http://www.town.takahama.fukui.jp/earthday/
 
<出展内容>
フェアトレードショップ
 バングラデシュの雑貨販売
 
<出展団体>
For The Future「命を救うプロジェクト」 by シャコデ(福井市)
http://blog.livedoor.jp/f_project/
 
バングラデシュに児童福祉施設・200人の学校・職業訓練所・日本との交流の架け橋を
兼ねそろえた施設を建設中。2011年完成予定。
路上で暮らす子どもたちの安心と笑顔のために。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆
 
お手伝いいただけるボランティアスタッフを募集しています。
遊びに来たついでに1時間だけでもOK!一緒に楽しもう♪

<お問い合わせ>
バングラデシュのこども∞つながるいのち展 実行委員会

町で行われたジャズライブを盛り上げるために
漁火想キャンドル部会のみんなでキャンドルを灯してきました。

すっかり日が長くなり、6時半にジャズライブが始まってもなかなかキャンドルがめだたない。

でも、日が落ちて暗くなると浮き出てくるキャンドルの明かり。
今回のテーマは無理やり「ラブ・ジ・アース」



思ったより子供がたくさん来てくれて、
キャンドルを水に浮かべるお手伝いまで。

少し肌寒く、音楽だけより楽しめる空間になりました。
キャンドルの炎にあったまったりなんかして。

目を閉じても思い出す温かい時間。

南米旅日記も前半しか書いてませんが、4月から就職しようやく日常のペースがつかめてきました。

帰国してから8ヶ月!

気のせいか、金遣いが荒い。
自分が求めているもの、やりたいこと、はっきりしているせいもあるけれど、それにしても。。。
仕事見つかってほんとよかった。

お買い物するなら良いものを、自然にやさしいものを、長く使えるものを選んでいます。

どうしても第二の新社会人はこれを使いたかった。
秋田のまげわっぱ。


弁当手作り女子もめざしてたけど、今のところ弁当つめるだけ女子。

---------------------------------------------------------------------------------

下のは大館工芸社さんのだけど、私は柴田慶信商店さんのを買いました。
ネットで半年待ちって出てたから、東京で置いてあるお店で購入。
私は大サイズでちょうどいいけど、小食女子は小サイズが良いかも。


株式会社大館工芸社
¥ 7,875
コメント:高いけど樹脂加工していない白木はご飯が本当においしいまま。仕事しててもお昼が待ちどうしくてたまらなくなるよ。

今、アルゼンチンの最南端の南極ツアーの拠点にもなる町、ウシュアイアにいます。
明日はペンギンを見に行ってくる!

1月25日に日本を旅立ち、いきなりマチュピチュが大雨大洪水のため行けず、
超ハイスピードでここまで南下してきました。

飛行機で降り立ったクスコの町はいきなり3000m以上の高地なため、
高山病で頭痛と吐き気。
なんとか2,3日でなれたけど、着いていきなりだったから辛かったー。

チチカカ湖の綺麗なのはもちろんのこと、
チチカカ湖のあるプーノまでとプーノからラパスまでのバス移動は、
持っていった本を読むのももったいないくらい素晴らしい景色。


ラパスからウユニ、ウユニからチリのカラマは逆にものすごい悪路。
延々とガタガタ道でした。
少し雲が出ていたけど、水のはったウユニ塩湖。
空の中にいる気分!!!


チリのサンペドロアタカマでは死海みたいな、塩の湖にプカリ。

カラマからサンチャゴ、サンチャゴからプンタアレナスまで飛行機で飛び、
乗り継ぎの間にサンチャゴ観光。ほんとに都会!

パタゴニアと呼ばれる地域、プンタアレナス、プエルトナタレス、カラファテとバス移動。
南半球なので、こちらは夏。
冬は寒すぎて、夏にしかなかなか来れない場所。

カラファテの二メス湖はこんなに平和な楽園。

かと思うと1時間半ほどバスで行けば、氷河。


そして、マゼラン海峡を渡り、今いるウシュアイア。

バングラにも遊びにきてくれたマキはスペイン留学の経験もあって、
スペイン語ペラペラ。頼りっぱなし。
マキのおかげで、ありえないスピードで楽しく南米をまわっています。

危ない目にも今のとこあわず、それよりも予定がきつきつでちゃんとたどり着けるかの方がハラハラだけど、これからブエノスアイレス、ブラジルと気を引き締めて行きたいと思います。


海外に久々に出ると、やっぱり思い出すのはバングラのこと。
同じ隊員が派遣されてた国でもバングラではこうだったなぁといろいろ比べてみたり、
私にとっての貧乏旅行はバングラでの生活そのものだったなと思ってみたり。
世界を旅する旅人に今までのNo.1の国はバングラデシュと言ってもらえると誇らしい気分になったり。

英語をもうすこしがんばればよかったとそれだけ後悔しています。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

基礎からはじめるベンガル語学習
基礎からはじめるベンガル語学習 (JUGEMレビュー »)
ムンシ・K. アザド,ムンシ・R. スルタナ

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM